価格の基本的な考え方を把握する

同じ不動産は存在しない

不動産には同じものが存在しません。同一地域の土地でも、土地の形、面積、方位、接する道路の状況などによって、価格がかなり変わることがあります。また、同じ棟のマンションにおいても、階数、間取り、部屋の方位、管理している状態などによって価格は変わります。こういった様に、不動産価格の妥当性を判断するケースでは、不動産の特徴を踏まえて、物件ごとに検討することが必要です。管理人が武蔵村山市の新築を購入した時も、この様なことを検討したものです。

取引タイミングが変われば価格は変わる

不動産市場にも、全体的な相場の動きが存在します。もし同じ不動産であっても、取引する時期が変われば、価格も大きく変わる場合があります。したがって、不動産価格を判断するケースには、市場全体の動向も踏まえて、取引時期に応じて検討することが必要です。

最終的には売り主と買い主の合意が前提である

不動産売買は、ショッピングモールなどで買い物をするように、提示された金額に対して買うか、買わないかの二者択一で成立するものではありません。売り主と買い主が個別に希望条件をコーディネートし、合意したときに価格が確定します。

このように、不動産価格は個別の取引ごとに決定されますので、その価格を客観的なデータだけで100%`検証することはできません。不動産の購入で後悔しないためには、できるだけ多くの情報を収集して、価格に関する自分なりの検討を十分に行う、最終的な取引の相手と誠実に交渉を重ねることにより、あなた自身が納得した上で取引することが重要です。

価格の評価手法を知る

売買を目的とした不動産の価格評価を一般的に価格査定といいます。価格査定には多くの手法がありますが、ここでは、(公財)不動産流通推進センターが発行する価格査定マニュアルをベースに、住宅地(土地)とマンションの価格査定のおおまかなシステムをご紹介します。ただし、価格査定には個別物件に応じた専門的な検討が必要であることに、お気を付けください。

取引事例比較法

土地やマンションにおいては、取引事例比較法により査定されることが多いようです。取引事例比較法は、売買しようとする不動産と同じような不動産の取引事例等の価格と比較することで、対象不動産の価格を査定する方法になります。最初に対象不動産と取引事例等となる不動産を比較して、取引事例等の価格をベースに対象不動産のだいたいの価格水準を査定します。それから、取引時期の相違点について、市場全体の動向を加味して一定の調整を行います。